介護職についていた経験があります。だいぶ前の事ですので、今とは若干事情が異なるかもしれません。

はっきり言ってしまうと、仕事がきつい上に給料があまり高くはありませんでした。

 

でも、入所者の方達とは仲良くさせてもらっていたので、それが救いだったと今では思っています。

 

介護の仕事に就くには、資格はなくてもできます。

 

人手が足りませんから、何歳であっても大歓迎だと思います。

ただ、介護福祉士等の資格はとっておいても決して損ではありません。

 

お風呂や食事や排せつ等、人が生きていく上で必要な事の介助を行うのが主な仕事と言えます。
施設に入所している方達は、優しい人も多いですが、なかには言う事を聞いてくれない人も勿論います。

何をされても、言われても怒らずに丁寧に接する事が大事なのです。

 

介護職で辞めていく人の多くは、こういった対人関係がきつくなってきたからというのが理由の一部にあります。

実際私の周りではそうでした。

 

精神面もきつい場合がありますし、その上肉体労働でもありますので、体力的にも大変だと思います。

何が何でもやってやると言う心構えができたら是非チャレンジなさってみて下さい。

 

甘い世界では決してありませんが、やりがいは十二分にあります。

精神面や体力面がかなり鍛えられるのでどんな困難にも打ち勝っていける根性が身に付くと思いますよ。

 

同僚の方や入所者の方と仲良くやっていければ、随分楽になると思いますので頑張って下さい。

陰ながら応援しています。

新規コメントの書き込み