働きたいと思っても働けない、そんな時代に、比較的スムーズに職に就くことができるのが介護の世界です。

資格も要らず年齢も選ばず、誰でもやる気さえあれば働き始めることができる職業というのは、けして誇張表現ではありません。

 

実際職が見つからずに困っている人や、復職先の見つからない人など、本命の職業を探すつなぎとしてとりあえず介護職に就いているという人も多くいます。

そして資格を取って、介護の仕事を一生のものにする人もです。

 

しかし介護の仕事は、対人間に行う、失敗することのできない仕事だということも忘れてはいけません。

介護を必要としている人に、十分でない介護をしてしまったらどうなるかは想像に難くないでしょう。

 

いくら資格なしでつける仕事だからといって、全く知識の無い世界に飛び込むのは少しばかり無謀です。

職場は常に介護の現場で、十分に指導を受けることなく実践から介護を学んでいくことになるので、経験が無くても見よう見真似で仕事をしていかなくてはなりません。

 

資格があろうがなかろうが、現場では要介護者の命を預かるという責任の重みは皆同一です。

 

無知の状態で背負う責任はとても大きく、人によっては耐えられないほどのものになります。

しかし実践の経験が無かったとしても、介護の勉強を事前に通信講座で受けているだけでも、状況は変わってきます。

 

介護とは何をするのか、自分が任せられるのはどんな仕事なのか、それを知っているだけで混乱は少なく済みます。
介護の資格は、仕事を行う上で必要なものではありません。

ですが自分が介護の世界に関わる上で、心構えをもつには必要なものです。

 

時間に余裕がある人は、是非積極的に介護について学んでみてください。

新規コメントの書き込み