現在は高齢化社会であり、多くの高齢者が施設に入居していますが、こういった施設で働く介護職の人は年々減り続けています。

 

日本国内で介護職に就く人が減ったために海外からの介護職従事者を募集し、試験に受からせようと施設側も頑張ってはいますが、期間が定められている上日本語は難解なので合格しないまま国に帰る外国人も少なくありません。

 

介護職の主な仕事は高齢者の介護や生活の手伝いですが、施設によっても仕事の大変さが変わってきます。
特別養護老人施設など認知症や重介護が必要な施設の場合、付きっ切りで相手に付き合うこともありますし、高齢者の理不尽なことにも耐えなければいけないのできついです。

 

介護老人保健施設は、介助が無くても動けて過程に返すことを目的として頑張っている人も多いので介護職の人はそのお手伝いをするという感じであり、特養に比べると仕事内容は軽いと言えます。

 

現在、介護職は仕事に対して給料が見合っていないと言われていますが、行政が運営しているところはきちんともらうことは出来ます。
しかし、それ以外の個人経営などの場合、どうしても給料を押さえがちであり一人当たりの仕事の量が多くなりますので、覚悟の上働いてください。

 

介護職として働く人の多くは女性なので、女性特有の人間関係に悩まされると言うこともあります。

 

どうしても閉鎖的になるのでその鬱憤を晴らすために立場の弱い人に八つ当たりする人も少なくありません。

介護職として働くときは人間関係がうまくいくようにある程度、潤滑に進む対話術を身に付けておきましょう。

新規コメントの書き込み