サポートという立場であれば身体介護も可能な無資格の介護スタッフ

 

高齢者が急増している日本において、介護職は非常に重要な職種となりつつあります。

自宅では介護しきれないというケースが増え、老人ホームや訪問介護を利用する人が増えているからです。

 

介護の仕事に就く際は、少なくとも介護職員初任者研修という資格を取得していることが望ましいですが、実は資格なしでも雇用してもらえるケースがあります。

求人情報誌や介護系の求人サイトを閲覧すると、無資格者を対象とした求人情報が掲載されています。

 

入浴介助のような身体介護を無資格者が一人だけで行うことはできませんが、有資格者のサポートという立場であれば問題ありません。

 

そのため老人ホームなどに雇用されれば、有資格者とそれほど業務内容は変わらないのです。

 

ただし、給与面や雇用形態はやはり有資格者の方が優遇されるケースが多いので、可能であれば資格取得サポートを行っている施設や派遣会社に所属して、介護の仕事をしながら介護職員初任者研修の取得を目指した方が良いでしょう。

 

実際に仕事に携わりながら介護の勉強をした方が参考になる点も多いですし、学んだ知識を現場ですぐに活用することができます。
介護をされる側の人たちは介護スタッフの人が資格を保有していようとなかろうと、何の関係もありません。

同じ介護スタッフとして捉えていますので、無資格だからという口実で業務を避けるのではなく、施設長や有資格者のアドバイスを受けて積極的に介護へ取り組むことが大切です。

新規コメントの書き込み