介護とは命を受け持つこと

 

現在、介護を必要としてる人が急激に増加しているため介護施設はどんどん増えてますし介護職員は人手不足だといわれています。

そのため介護の仕事をするのに資格無しでも大丈夫という施設はあります。

 

とにかく人手を確保したい施設には資格無しでもOKという求人はあります。

しかし基本的には資格がある人を優遇して雇いますし、資格が無いと雇わない施設のほうが多いのではないでしょうか。

 

初めて介護の資格をとる場合、「介護職員初任者研修」をとれば基本的な仕事は出来る様になります。

この資格を取ることで介護施設や医療機関で介護者に対して食事・更衣・入浴の介助や通院時などのをサポートをすることが出来るようになります。

 

この上の資格に「介護福祉士」というものがあります。

おそらくほとんどの人が介護の資格と聞くとこれを思い浮かべることが多いのではないでしょうか。

 

この資格は唯一の国家資格となっており、介護職について3年以上実務経験がある場合か、介護福祉士養成施設を卒業した人が採ることができる国家資格になっています。

 

介護福祉士養成施設とは介護の専門学校みたいなところですので、ここに通えば介護に関することを勉強することが出来ます。

介護職を自分の生涯の仕事にしようと考えてる人は要請施設に通って資格を取得したほうが良いでしょう。

 

介護とゆう仕事はきつい、汚いということはもちろんですが、介護する相手は同じ人間ですので思いやりを持って接することが重要になってきます。

もちろん怪我などをさせることが無いように気をつけることも大切です。

 

一つの命を受け持つんだということを常に忘れないことが最も重要ですので、その点をしっかり理解した上で介護職を選んだほうが良いでしょう。

 

介護にはいろいろな種類の資格がある

 

介護の仕事は、万年人手不足が続く職場の一つでもあります。
なので、基本、無資格の人でも仕事に就く事ができますが、やはり長い目でみると資格を持って働いた方が良い面が多い職場になっていると思います。

 

そんなには、介護福祉士をはじめとして、様々な資格があります。
最も、手軽に取る事ができる資格の一つに「介護職員初任者研修」があります。

 

これは、通学、通信でも取得する事ができ、介護の仕事に就く第一歩の資格という事ができます。
この資格の勉強において、利用者さんへの接し方、介助の仕方などを実習を用いて、勉強する事ができます。

 

この実習を通じて、いかに介護の仕事が大変かを知ったうえで、介護の仕事に就く事ができます。
なので、仕事に就く前に介護の仕事の大変さを実感するためにも、このような講座を受講する事をおススメします。

 

また、この資格を取っておくことで、実務経験3年以上で「介護福祉士」に挑戦できます。

さらに5年以上で「ケアマネージャー」へとステップアップすることが可能です。

 

そのことから考えても、介護の仕事を続けて行くのなら、介護職員初任者研修は必要な資格の一つになってきます。

 

しかし、介護の仕事は、離職率も高い職場の一つでもあります。

 

万年、人手不足から起こる激務。
また、賃金のわりに重労働など、割りに合わない事が多い職場です。

 

そんな中でも、介護の仕事に誇りをもって働き続けている人はたくさんいます。
なので、悪いイメージから入るのではなく、明るいイメージを持って働く事で、とてもやりがいのある仕事になると思います。

新規コメントの書き込み