お年寄りと触れ合える素敵な仕事

 

日本の高齢化はどんどん進んできましたね。

今では、老人用のサービスもとても増えてきたと思います。

 

老人用のサービスが増えてきた一方で介護職のニーズも増えてきていますね。
介護福祉士は、お年寄りの介護をする専門の仕事で国家資格です。

 

仕事の内容としては、お年寄りの食事、排泄、洗顔などの身だしなみ、入浴そして精神面のサポートなどいろいろあります。
中には、認知症などのお年寄りもいるので、とても忍耐の必要な職種ともいえますね。

 

職場もお年寄りを対象にする施設や身体障害者を対象にする施設、訪問介護を主に行っているところと様々です。
介護福祉士の資格をとるには、2つの方法があります。

 

「介護福祉士養成学校を卒業する」方法と、「介護福祉士国家試験を受験して合格する」方法です。

 

試験は筆記試験と実技試験の2つがあり実技の方は筆記試験に合格しないと受験できません。

平成17年度からは介護技術講習を終了していれば、実技試験を免除されるなど、少し受験方法も異なるようなので、自分にあった方法で試験を受ける準備をしたほうが良さそうです。

 

介護福祉士は何となくとても大変そうだという印象を受けますが、その一方でお年寄りやハンディキャップのある人達を生活面や精神面で支える手助けができるすばらしい職種だと思います。

 

体力面や精神面では、つらいと思う事も多々あると思いますが、どんな仕事だってつらい事はいくつかあるものです。

介護福祉士というすばらしい仕事を通して社会に貢献できるというのは自分自身の成長にもつながると思います。

新規コメントの書き込み