介護職の現場の実態について

 

今、介護の仕事の需要は多く、働き場所も病院や老人ホーム、デイケアセンターや訪問での介護など多岐にわたります。

求人雑誌を見ても、介護職の求人が載っていないことはないので、仕事は見つかりやすいように思います。

 

資格が必要な職種もありますが、無資格での求人も多く、現場では資格がない人もたくさん働いています。

 

しかし、介護の求人が紙面に常にあるのは、需要があるのはもちろんのこと、なかなか人員の確保が難しく入れ替わりが激しい一面があるのも事実です。

 

その理由として考えられるのは、まず、賃金が安いことです。

賃金が安いと感じるかどうかは人それぞれですが、介護の仕事は体力勝負の場面も多く、車椅子への移乗やお風呂の介助などの仕事を繰り返すうちに、腰痛を患ったりすることもあるでしょう。

 

また、排泄物の処理もありますので、それらを苦痛と感じる場合は賃金と見合っていないと思うかもしれません。

 

その他、シフト制の勤務で夜勤がある場合も多いので、生活の時間が不規則になり、それがつらいと感じる人もいます。

そして、職場での人間関係も仕事を続けるうえで重要ですが、介護の職場では圧倒的に年配の女性か多いです。

それゆえのトラブルもよく耳にします。

 

もちろんマイナス面ばかりでなく、人と接することが好きな人にはやりがいを感じる仕事だと思います。

ダイレクトに利用者の声が聞けて、少しずつ信頼関係を築いていくことで、目に見えて成果を感じる事ができるはずです。

 

➡ 転職するべきか悩んでいる人へ

 

新規コメントの書き込み