アルバイトで採用されるためにはどうしたらよいのでしょうか。

アルバイトの職種にもよるでしょうが、アルバイトは条件的なアドバンテージがあればそれだけで好印象です。

 

条件的なアドバンテージとは、家が近い、土日も働ける(職種によりますが)、勤務時間に柔軟に対応できる、たくさん勤務日をいれることができるなどです。

採用者はアルバイトを募集しているくらいなので人手を必要としています。

 

たくさん働けるというのは見逃せないアピールになります。

 

また、アルバイトによっては経験を必要とする場合もあります。

あなたが応募する職種にもよりますが、同じアルバイトを他でやっていた、または似たようなアルバイトの経験があればぜひアピールして下さい。

 

経験がなくてもその職種に対してすごく興味があることを伝えてみて下さい。

あなたはそのアルバイトに応募しようと思ったからには何か理由があるはずです。

 

家から近い、そのアルバイトの仕事に興味があった、そのアルバイトの仕事をして何かできるようになりたいことがある。

志望理由を聞かれたらそのあたりを率直に行ってみましょう。

 

もちろん、時給が高いから、仕事が楽そうだからというマイナスイメージになることは避けましょう。

 

例えばガソリンスタンドのアルバイトなら、大きい声尾を出せるようになりたい、大好きな車に囲まれて仕事をしたい。

レストランのウエイターや居酒屋などなら接客の技術を身に着けてみたい。
コンビニならレジ裁きをうまくできるようになりたい。
携帯電話の店頭販売なら営業のセンスを磨いてみたい、などです。

 

前向きな理由があればそれは好印象につながるでしょう。

また、これは基本なのですが、面接をする人の顔を見て大きな声ではっきり答えましょう。
緊張もしてしまうかもしれませんが伏し目がちだったり、声も小さく聞き取れない感じだと、きちんと働いてもらえなかったらどうしようという不安を与えてしまいます。

 

もし、あなたが今まで面接に落ちることが多く、自信をなくしているとしても、タイミングや環境的な条件が合わなかっただけだと思ってください。
決して自分が悪いわけではないのです。
自分を責めないで下さい。

面接は快活に、自信を持って、元気よく、です。
これを守れれば人物的な印象は決して悪くないはずです。

新規コメントの書き込み