医薬品が開発され患者さんに服用されるまでには、まずは治験を行って効果や安全性を確認することが必要です。
治験では参加者同意のもとで新規開発された医薬品の投与が行われます。

 

基本的にはボランティアという形で治験に参加するのですが、協力費として結構な報酬が貰えることが多いです。
一般のアルバイトより高額な収入を得られるので、治験に参加される方は多いです。

 

治験が開始されると、詳しい検査や診察が行われますのでご自身の今の健康状態を知ることが出来ます。
開発中の最新の医薬品の効果を確かめることが出来ます。
病気で苦しんでいる患者さんに効き目がありそうな医薬品の開発に貢献することが出来ます。

 

いろいろなメリットのある治験ですが、気になるのが副作用です。

副作用が出るか出ないか確かめるために治験が行われるので、服用してみないとどんな副作用が出るのか分からないです。

 

治験への参加を予定されている方は不安に感じるでしょうが、医師の指示のもとで服用していますし、副作用の早期発見と早期治療に努めていますので安全性は確保されています。
服用する前と服用した後で何かおかしいと感じても、すぐに医師に診て貰えます。

 

副作用の治療や追加検査が必要になっても、その費用は治験を依頼した製薬会社が負担しますので、参加者の方の負担は無いです。
予想される副作用について事前に分かりやすく説明してくれるので、納得したうえで治験を始めることが出来ます。

新規コメントの書き込み